近赤外線ヒーター/熱風ヒーターの使用例

樹脂・フィルム・シート

フィルムの加熱

フィルムの加熱

エンボス加工前の加熱

エンボス加工前の加熱

チューブの曲げ加工予熱

チューブの曲げ加工予熱

樹脂ファイバーの延伸

樹脂ファイバーの延伸

成形樹脂のバリ取り

成形樹脂のバリ取り
材質:PPなど射出成形品のうすいバリに対して、熱風を吹き付けることでバリを収縮させるように除去することが可能です。
ノズル形状:Bタイプの製品でバリ発生箇所にピンポイントに熱風を吹き付けるかたちでご使用頂くことが多いです。コンパクトサイズであるためロボットに持たせてバリ発生箇所をなぞるように熱風を吹き付け、バリを除去することも可能です。

フィルム袋の溶着

フィルム袋の溶着

フィルムラミネート予熱

フィルムラミネート予熱

プレス成形前の予熱

プレス成形前の予熱
熱可塑性樹脂の成形前の予熱。熱硬化樹脂の硬化。

成形

プリフォーム加熱用
真空成形、樹脂成形、レンズ成形。ペットボトルのプリフォーム加熱用として急速昇降温。

切断予熱

切断予熱
フィルムの急速局所加熱、水性乾燥、エンボス・ラミネート・フィルム・シートの切断予熱。(発塵防止)
フィルム、プリプレグの切断前予熱。

金属

鉄板の加熱 最高800°C(30°C~50°C/秒)

鉄板の加熱 最高800°C(30°C~50°C/秒)

溶接ビードの焼鈍し および 改質(ハイブリッド)

溶接ビードの焼鈍し および 改質(ハイブリッド)

炭素棒シャフトの加熱

炭素棒シャフトの加熱

板金スリット前の予熱

板金スリット前の予熱

ガラス

水切り乾燥

水切り乾燥

ガラスの乾燥、アニール

ガラスの乾燥
ガラスへの各種コーティング後の乾燥や、熱を加えることによっての歪みや変形を防ぐアニール処理、レンズ成形や合わせガラスの切断工程などに適しています。
長尺ヒータを使用し、フラットパネルをクリーンルームで急速昇降温も可能です。

電子部品

フープ材 メッキ再溶融

フープ材 メッキ再溶融

QFP,SOP等表面実装部品半田付け

QFP,SOP等表面実装部品半田付け

リード線の半田付け ①

リード線の半田付け ①

②

レーザー半田付けの予熱

レーザー半田付けの予熱

エリアリフロー

エリアリフロー

巻線コイルの樹脂加熱

巻線コイルの樹脂加熱
コイル製造工程における自己融着線の硬化という目的で多数ご使用を頂いております。
自己融着線というサイズの小さい対象物に対して、コンパクトサイズの瞬間熱風ハイヒーターは効率的に加熱することが可能で、設置の自由度も高いことがメリットです。

太陽電池

太陽電池
半田付け、真空パック加熱、熱処理装置。
タブのセルへの半田付け、導電性接着剤硬化。

シュリンクチューブの収縮

シュリンクチューブの収縮
サイズの小さい対象物の収縮チューブ・シュリンクという目的で必要な狙った箇所を部分的に加熱することでご使用頂いております。
不必要な加熱をしないため省エネになります。手作業、半自動機、全自動機など様々なかたちでご採用を頂いております。

エポキシ - 樹脂の硬化

エポキシ̶樹脂の硬化

印刷

ホットメルト接着

ホットメルト接着
ホットメルトの活性化において、部分的に加熱できるという点からご使用頂いております。
コンパクトサイズであるため必要箇所のみを部分的に加熱できるため、効率的な加熱が可能です。
また、熱風温度も800℃まで昇温できるため短時間で加熱できることもメリットです。

ラベルはがし

ラベルはがし

シール貼り

シール貼り

オフセット印刷

オフセット印刷
オフセット印刷の急速昇降温かつヒータスペースの省スペース化に。そのほか、水性インクの乾燥、UV硬化の接着剤予熱などに。

医療

ガイドワイヤー 部分ロー付

ガイドワイヤー 部分ロー付

チューブの突き合わせ接合

チューブの突き合わせ接合

ワイヤーの加熱

ワイヤーの加熱

樹脂チューブの接合

樹脂チューブの接合

ラミネートチューブの溶着

ラミネートチューブの溶着

コイルのコーティング乾燥

コイルのコーティング乾燥
コイルのコーティング乾燥、コイルの蝋付けと半田付け、チューブの収縮。

食品

乾物の曲げ加工

乾物の曲げ加工

繊維 紙

紙の水分乾燥

紙の水分乾燥

コーティングの加熱乾燥

コーティングの加熱乾燥

繊維 端末のほつれ防止

繊維 端末のほつれ防止
シートやフィルム加熱において、両端部は中央部と比較して温度の低下が生じやすい傾向にあります。
瞬間熱風ハイヒーターはコンパクトサイズであるため、その温度が低下している部分を部分的に加熱することが可能で、温度低下を補正することができます。
部分的に加熱することで必要以上の加熱をしないため、省エネにもつながります。

繊維切断時の予熱

繊維切断時の予熱

半導体

ガラス基板の裁断前加熱(発塵防止)

ガラス基板の裁断前加熱(発塵防止)

真空加熱

真空加熱
ガラスの封止、接合、熱CVD装置、真空蒸着プレヒート、真空試験装置(最大1500℃)、半導体のRTP用熱源。

電子部品の加熱検査

電子部品の加熱検査
電子部品の高温試験(ICハンドラ装置)において、高温雰囲気の熱源として瞬間熱風ハイヒーターは数多くご使用頂いております。電子部品という小さい対象物に対して、コンパクトサイズの瞬間熱風ハイヒーターはサイズの観点から非常に合理的な加熱方法です。
また、温度追従性も良いため様々な条件に対してスピーディーに対応することが可能です。

太陽電池半田付け

太陽電池半田付け

自動車

プライマーコートの乾燥

プライマーコートの乾燥

インサートナットの熱圧入

インサートナットの熱圧入

アルミダイキャスト 焼嵌め

アルミダイキャスト 焼嵌め

アルミホイールの塗装乾燥

アルミホイールの塗装乾燥

その他

焼き付け塗装、ゴムの加硫

焼き付け塗装、ゴムの加硫

線材の加熱

線材の加熱

熱間ロールの補助加熱

熱間ロールの補助加熱

金型の加熱

金型の加熱

収縮チューブの加熱

収縮チューブの加熱

電線被覆の水切り乾燥

電線被覆の水切り乾燥

ホットメルト(段ボール その他)

ホットメルト(段ボール その他)

木材余熱

木材余熱
複数の材料を貼り合わせて積層させるラミネート加工や、冬場の接着剤乾燥時の木材余熱に。
基材に接着剤を塗布し、メラミン化粧板に熱・圧力をかけ、基材形状に合わせて成形するポストフォーミング加工時の木材と接着剤の余熱にも使えます。